【ホワイトチョコじゃない】今流行りの”キャラミルク”ってしってる?? | トビー日記

【ホワイトチョコじゃない】今流行りの”キャラミルク”ってしってる??

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

Foodsオーストラリア・パース生活マッサージ・たべもの・健康

最近スーパーに行くとやたらとよく見かけるチョコレート。

紫のパッケージが目を引くCadburryから出ている、

このCaramilk

ホワイトチョコレートとは一味ちがう、実はただのチョコレートじゃない?!

今日はそんなチョコレートのお話。

【たぶん日本にはない】キャラミルクは一体何者?!

オーストラリアでは有名なCadbury(キャドバリー)から販売されているCaramilk(キャラミルク)。

実際に気になったので買ってみました。
見た目はこんな感じの一見ホワイトチョコレートのようなパッケージ。

キャドバリーのチョコレートを見たことある人は多いはず。

有名な紫のパッケージですね。

いつぞやに制覇したキャドバリーシリーズ・・・笑

ヘーゼルナッツとか、キャラメル、ロッキーロードとか、チョコミントとか・・・。
いろんなフレーバーがあって日本でも売っていると思います!

今回のキャラミルクはオーストラリア、ニュージーランドなど限られた地域でのみ販売されているようなので、おそらく日本では売られていないと思います。(次回日本帰ったときにチェック!)

【ツンデレなこのチョコレート】発売と発売停止をくり返している面白い歴史

最近になってやたらとスーパーで大々的に並べられてるこのキャラミルク。

実はむかし、期間限定チョコだったんです!

一番初めにオーストラリアで売り出されたのが1968年から1994年まで。そのあとずーっっと店頭から姿を消していて。

ひょっこり世の中に戻ってきたのが、なんと24年後の2018年
9月くらいから数ヶ月間限定で販売されて、また姿を消しました
そして翌年、2019年もまた数ヶ月の限定でみんなの前に姿を表したんです。

\なんともツンデレなチョコレート/

2020年の今年は(いつからか忘れましたが)7月くらいから再販売されて最近ではスーパーでよく見かけるようになりました。なので今年は連続で発売されてる3年目の年というわけなんです。

製造中止になったのは、プラスチックの破片が入っていたりという理由のよう・・・。 

途中ですったもんだあったみたいで問題児なこのチョコレート
そりゃ大好きな人は待ちわびてたわけですね。

【ネットで10倍以上?!】180グラムのチョコレートが6000円?!

一時期製造が取りやめになっていた時期。

どうしても味が忘れられないファンは、こぞってネットで探すわけですね。

わたしの友達もその一人!

マミーが作ってくれたチョコに似ているようで故郷の味のよう・・・。 
なのでどうしてもどうしても食べたくでeBayで調べてみたそう!

するとなんと、通常価格4.8ドルなのが、2019年の冬に見かけたときはeBayで75ドルだったそう!!!

日本円換算で約6000円です!!
たった180グラムのチョコレートですが・・・そこまでファンが多いのは納得。

期間限定に弱いのは万国共通なのね、と実感・・・

【そこまで言うなら試さないわけにはいかない】気になるお味は・・?

10倍以上の値段を出してでも食べたいお味ってはたして・・?

最近では普通にスーパーで通常価格。
セールの時は半額で買えるので実際に試してみました!(ちなみに半額だと2ドルちょっと・・・笑)

実際に食べた感想は、チョコレートはチョコレートでも、キャラメルの味が結構強い!

ホワイトチョコだと思って食べたら、全然違います。
でもキャラメルのような強いパンチはなく、ほどよくとろける感じ。

これは確かにやみつきになる!!!笑

最近では、キャラミルクを使ったレシピなども公開されていて、ケーキに使ってみたり、クッキーの中に入れてみたり、などとても多様性があります笑

【オーストラリアにいるならぜひ】機会があったら試してみてね

日本に帰る機会があったら友達家族に買って帰りたいチョコレートだなぁ!と。

オーストラリアにいる方にはぜひ試してもらいたい!大手のスーパーならすぐにみつかりますよ!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました