【生クリーム不要】イタリア人直伝!材料3つだけのカルボナーラの作りかた

ヘルシーライフ
ヘルシーライフ

お家の食卓に華を! 
今晩はイタリアンにしませんか?!

ということで、今回はイタリア人の彼から教えてもらった用意する材料3つだけでできるカルボナーラの作り方をシェアしたいと思います。

おうちにクリームがなくても大丈夫!安心して見てみてください。

 

カルボナーラを作ろう!と思ったきっかけ

お惣菜やコンビニがあんまり発達していない、こちらオーストラリア。

 

毎回外食は高すぎて、お財布が爆発するので。
自炊することが多くなるんですが、自分の作るレシピっていつも同じでつまんない。

今晩はパスタにしよかしら、と思っても、いつも同じペーストをかけるだけ・・・。

 

オーストラリアでもパスタソースも売っているけど、おいしくないし、砂糖とお塩たっぷりで体によくない。できれば自分で作りたいけど、うーん・・・って悩んでいた時。

ふと彼が作ってくれたカルボナーラがシンプルかつおいしかったので!

これは・・・!と思って今回の記事に至りました。

 

カルボナーラって、生クリームたっぷり使うイメージがあったんですが、
イタリア人が作るカルボナーラは、生クリームを使わない

 

なんで、クリームを使わないの?と聞いたところ、

逆にクリームを使う理由がわからない、イタリアでは使わないよ。
ノンナ(おばあちゃん)に怒られるよ。そもそもみんな色々アレンジしすぎなんだよ・・・!

と逆ギレされました。

 

「日本ではブロッコリーとかほうれん草とか入って、卵が上に乗っているイメージだよ!」って言いながらこーゆー写真を見せたのですが、

「ブロッコリーが入っているとか、ありえない」と即却下。
(わたしは卵が入っているのもおいしいと思うんだけど・・・)

本場のイタリア人が作りパスタはシンプルかつおいしいんですね。

 

【イタリア人によるカルボナーラ】気になる材料 2人分

〜材料〜(2人分)

・パンチェッタ(ハムでも可能)好きなだけ
・卵 3つ(2つは卵黄のみを使用)
・パルメザンチーズ 75g ほど
・パスタ 250g ほど

 

卵3つに対して、75gのパルメザンを使います。

1人前の時は卵を2つにして、チーズを50g入れてみてください。

 

今回使ったのはこちらのパスタ。
オーストラリアではみんな大好きIGAで買うことができます。

 

このメーカーのものをいつも使うことが多いんですが、モチモチしていて本当においしい!
食にうるさい彼もこのメーカーが大好きなので、間違いないです。

 

\チーズはこちら/

わたしたちが大好きAldiで売っているっているパルメザンを使いました。

日本の方はスーパーでよく見かける緑のチーズで大丈夫です!

もしくはこちらのチーズでも代用できます!

 

【イタリア人によるカルボナーラ】気になるつくりかた

材料がそろったら早速作りはじめましょう!

  • STEP1
    パンチェッタ炒める
  • STEP2
    パスタを茹で始める
  • STEP3
    炒めているあいだに、ボウルに卵を割って、パルメザンと一緒に混ぜる
    (卵は全て一緒に入れてOK)
  • STEP4
    パンチェッタをフライパンからお皿に取り出す
  • STEP5
    オイルをキッチンペーパーなどで拭き取る
    (気にならない場合はそのままでもOK)
  • STEP6
    使っていた温かいままのフライパンに2のソースとパスタを入れて絡ませる
  • STEP7
    パンチェッタを最後に加えるー!

 

できあがりー!

 

生クリームをわざわざ買いに行かなくても、チーズと卵だけでこんなにしっかり絡まっているので不思議!!
パンチェッタは個人的にカリカリの方が美味しいので、しっかり炒めますが、お好みで大丈夫。

 

今回パスタはリガトーニを使ったんですが、普通のスパゲッティでも大丈夫!
パスタならなんでも、お好みのものを使ってください!

 

 

 

シンプルが一番

クリームを使うより工程も少ないし、何より材料をいろいろ揃えなくていいのが一番嬉しい!笑

 

オーストラリアではパンチェッタがすぐ手に入るんだけど、日本はどうかな?
なかったらハムを細長く切ってももいいかも!

パスタソースに慣れてしまっていると、逆にソースをいちから作るのって難しそうって思っちゃいますよね。
でも実際一から作ってみると、材料も工程も少なくて意外と簡単!


イタリア人から食を学ぶ〜カルボナーラ編でした〜
(シリーズ化していきたい!ウキウキ

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました